rocky mountain morita corporation

矯正用アンカレッジシステム i-station 1DAYベーシックセミナー

臨床実績5,000症例の経験を生かした矯正医が解説する

「矯正メカニクス新時代の幕開け」

講師の斉宮康寛先生は、東北大学歯学部を卒業後菅原準二先生指導のもと、スケルタルアンカレッジシステムの研鑽を積まれ、開業後はミニプレートや矯正用アンカースクリュー(現在までに7,000本)を使用した舌側矯正治療に焦点を絞り、試行錯誤を繰り返しながら臨床を重ねてきました。
それまでの経験を活かし、2003年から「矯正用アンカレッジシステム i-station」の開発に着手、2014年10月に国内薬事承認を取得、販売が開始されました。今年で開発14年目を迎えたi-stationはこれまでに100回以上の改良を加え、1,000症例以上の矯正臨床に使用されてきました。
本セミナーではその豊富な臨床経験に基づいた、i-station使用症例を含んだ多くの不正咬合治療の解説を行います。

斉宮 康寛 先生(神宮前矯正歯科 院長)

1991年      東北大学歯学部卒業

1992年      鶴見大学歯学部矯正学教室入室

1998年      横浜労災病院歯科口腔外科

2001年     神宮前矯正歯科開設

2006年     医療法人スマイルクリエート開設

2016年     一般社団法人日本先進矯正歯科学会会長

       日本矯正歯科学会 認定医、専門医

       歯学博士(D.D.S., Ph.D.)

       World Federation Orthodontist

東京会場

日程① 2018年2月12日(祝・月) 10:30~17:00
日程② 2018年4月19日(木) 10:30~17:00

講演内容

・斉宮先生が考える矯正治療に対する概念
・歯科矯正用アンカー装置を用いた症例
(上下顎前突症例抜歯/非抜歯治療/咬合平面傾斜を伴うガミーフェイス/シザーズバイト/下顎骨シフト/過蓋咬合)
・i-stationの開発経緯、コンセプト、特徴(診断・埋入術式)
・i-stationを使用した症例(マキシマムアンカレッジ定義)
・i-stationを使用した遠心移動のメカニクスに関して
・i-stationを使用した前歯部/臼歯部のコントロール
*本セミナーはシラバスをご用意しておりません。現在JOP(矯正臨床ジャーナル)にて連載中の内容が中心となったセミナーとなります。

会場

㈱ロッキーマウンテンモリタ セミナールーム
住所:東京都千代田区神田駿河台2-2御茶ノ水杏雲ビル14F

定員

各回30名

参加費

32,400円 (税込/昼食代込)
お支払方法
本セミナーの受講費用はクレジットカードによる一括お支払いになります。
※特定商取引についての表示
※下のリンクをクリックして申し込み画面からお申込みいただくと続けてクレジットカード
お支払いの画面が表示されますので、必要事項をご入力ください。
※大変恐れ入りますが上記お支払方法以外は対応しかねますので、ご了承ください。
※お申し込み後に自動返信で確認メールが届きますので必ずご確認ください。
※セミナー開催の約2週間前になりましたら、受講票および詳細案内をお送りいたします。
※docomoの携帯電話アドレスをご指定の方は、docomoの初期設定が「PCからのメールは受け取らない」になっていますのでご注意下さい。「seminar@rmmc.co.jp」からのメールを受け取れる状態にして下さい。
お申し込み
2018年2月12日(祝・月)のお申込みはこちら
2018年4月19日(木)のお申込みはこちら
お問い合わせ
株式会社ロッキーマウンテンモリタ セミナー係 担当:土産田(ミヤゲタ)
e-mail:seminar@rmmc.co.jp
Tel:03-5281-4711/Fax:03-5281-4716